人工ダイヤモンド。最先端の治療ジルコニアがすごいワケ

tooth-replacement-759929_1280-300x205

今回は白い材料の中でもとりわけ強度と審美性に定評のある最先端の材料、ジルコニアの話です。
人工ダイヤモンドとも呼ばれるくらい硬いので過去にセラミックの詰め物、被せ物が何度も割れてしまうような人に最適な材料です。
セラミックは硬いけれども極端に強い力がかかると割れてしまうという性質があります。
しかしそこに金属のように硬いジルコニアの裏打ちがあれば安心です。

ジルコニアって何?


ジルコニアとはジルコニウムというとにかく硬い材料です。この性質を利用してセラミック製の包丁が作られています。また生体親和性があるため、膝などの人工関節に用いられている信頼性のある材料です。
ジルコニアは金属ではないが金属のように硬く、なおかつアレルギー反応が無いという大変好都合な材料なのです。

ジルコニアのメリット


これらの性質は歯の治療には持ってこいです
『金属を使わないブリッジが作れる』
数年前まではセラミックでブリッジを作りたい時、セラミックだけでは強度に不安が残るので金属の裏打ちをしてその表面にセラミックを焼き付ける工程が必要でした。(メタルボンド冠)。
しかし強度のあるジルコニアを使うことで金属は不必要になったのです。

金属を使わないということは・・・。


金属アレルギーの可能性もなくなります。金属は装着後数年、もしくは数十年後にアレルギー反応が出ることもあるため、一生のことを考えると最初からジルコニアを選択するのはとても良いことです。
 

一生変色しない


歯肉の黒ずみ-300x190

口の中では安定しているのでレジン(プラスチック)のように変色しません。数十年経ってもその美しさを保っています。
同じ理由で金属のように歯ぐきを黒くする事もありません。
 

ジルコニアのデメリット


ジルコニア自体は白いのですが前歯で使えるような透明感のある白さではありません。
奥歯では問題ないのですが前歯ではジルコニアの上にセラミックを焼き付けることで本物の歯と見間違うような美しさを出します。

セラミックについてはこちらをクリック↓

最新の被せ物事情。オールセラミック冠。間違った選択をしないために。


費用


奥歯で使うのか、前歯で使うのかによって多少は前後しますが10~16万円程度です。
保険外診療になります。
 

まとめ


セラミックの美しさと金属の強度を兼ね備えたジルコニアを使った治療はまさしくダイヤモンドの名に負けない最先端の歯科治療だと言えます。
注)ただし、使う部位や噛み合わせ等の条件によっては絶対に壊れないとは限らないので担当の先生に確認してみて下さい。
 

(この記事の監修:​ 中目黒リバーサイドデンタルクリニック 院長 / 野田潤一郎 先生)

 
waku_koukoku01 waku_koukoku02 waku_koukoku01

関連記事

中目黒駅より徒歩1分

[診療時間]
10:00-13:00/14:00-19:00
10:00-13:00/14:00-18:00
平日・土曜も診療しています
[休診日]
日曜祝日、第一水曜日の午前

メニュー

歯を「もっと美しく」

審美歯科、歯をキレイにする施術
セラミック
ホワイトニング
メタルボンドクラウン

診療メニュー

目立たない矯正
虫歯治療(一般歯科)
歯並び治療、矯正歯科
歯周病、口臭治療
親知らずの抜歯
虫歯、歯周病の予防
インプラント

在宅診療(訪問診療)


その他

短期集中治療
予防歯科
患者様の声
よくあるご質問
メディア掲載
求人情報

ページ上部へ戻る