治療後から急に歯がしみるようになった!

girls-206680_1280-300x200 せっかく治療してもらったのにしみるようになった。 歯医者に行くまでは全然しみなかったのに、、、。 もしかしてむし歯がまだ残っているのでは? 歯医者選び間違えたかな? なんて声をよく耳にします。 治療後数週間くらいは心配ありません。 逆にしみるということは神経が元気だというこのと裏返し、とも言えます。 神経(歯髄)は歯にとっては栄養分を補給するという意味でかなり大切なものです。 今回は治療後の一時的な知覚過敏症状についてお話します。

しみる原因と治療法

治療によって神経が過敏になっている 神経の残っている状態の良い歯は治療の際の麻酔や切削行為などによってびっくりしてしまいます。 これがしみる原因です。 一般的には2週間くらいで徐々に落ち着いてくると言われますが個人差が大きいようです。 1年間くらいしみるという人も珍しくないようです。 あまり心配せずに極端に冷たいもの、熱いものは避けて生活しましょう。 しみないような食べ方を工夫している人もいるようです。

金属は熱をよく通す

金属の詰め物や被せ物は熱をよく通すためにしみることがあります。 もちろん冷たいものも同じです。

むし歯がかなり大きかったら

むし歯が神経ぎりぎりまで進行している場合、できるだけ神経を傷つけず、残せるように処置しますが、当然神経はさらにびっくりしています。通常のむし歯治療よりも長めに様子見をしたりします。しかししみる症状が日に日に悪化して夜も寝れないような痛みに変わってしまったら神経をとる治療をします。

神経はできるだけ残したい

しみるのが嫌だから治療翌日に神経をとってくれと言ってくる人は神経の大切さを理解しましょう。

過去に治療した歯がしみるようになった

むし歯が深かったか、もしくはむし歯の取り残しがあったため神経まで進んでいる可能性があります。レントゲンを撮ったりもう一度詰め物、被せ物を取って中の状態を確認します。もちろんむし歯の取り残しがあれば除去します。

歯石を取ったらしみるようになった

歯石を取ると本来の「歯」が露出します。あたかも洋服を脱いで裸になったような感覚が出ることがよくあります。 数日で気にならない程度まで回復するようです。 しみるのが嫌だから歯石は取らない、ではどんどん歯周病は進行するだけです。 定期的に取ればそんなにしみることはないはずです。

まとめ

むし歯の治療後に一定期間しみるのは歯の生命力の表れです。 治療しなければ良かったなんて思わずにしばらく待ちましょう。 患者さんのしみるという声がが怖くてむし歯を取り残されるよりはうれしい事ですからね。 (この記事の監修:​ 中目黒リバーサイドデンタルクリニック 院長 / 野田潤一郎 先生)
waku_koukoku01 waku_koukoku02 waku_koukoku01

関連記事

中目黒駅より徒歩1分

[診療時間]
10:00-13:00/14:00-19:00
10:00-13:00/14:00-18:00
平日・土曜も診療しています
[休診日]
日曜祝日、第一水曜日の午前

メニュー

歯を「もっと美しく」

審美歯科、歯をキレイにする施術
セラミック
ホワイトニング
メタルボンドクラウン

診療メニュー

目立たない矯正
虫歯治療(一般歯科)
歯並び治療、矯正歯科
歯周病、口臭治療
親知らずの抜歯
虫歯、歯周病の予防
インプラント

在宅診療(訪問診療)


その他

短期集中治療
予防歯科
患者様の声
よくあるご質問
メディア掲載
求人情報

ページ上部へ戻る